仕返しの仕方-嫌がらせは禁物!因果応報による復讐方法

人間性を高める

不倫、浮気、いじめ、略奪愛、恋愛…と、まとめ記事まである因果応報(カルマの法則ともいわれる)は、嫌がらせなどをされたら、その不幸を自業自得でお返しすることです。

復讐は報復とも言われますが、相手も同じ感情(怒り、苦しみ、悲しみなど)になるため、繰り返されると、より深く激しい復讐劇へと移行する危険性があります。

それでも仕返しや復讐をしたいのであれば、これから紹介する因果応報を覚悟して、嫌がらせの報復必至で行うことです。あなたが不幸になっても周囲から自業自得と言われます。

仕返しや復讐をしてもいいことなどありませんので、相手に嫌がらせをする前に“因果応報”について、よく考えてみましょう。

仕返しや復讐は因果応報で自業自得にする

相手に復讐して報復の嫌がらせをおこなうと、復讐が繰り返されます。因果応報で復讐を断ち切るのと、どちらがよいのかを知っておきましょう。因果応報とは、次のことです。

因果応報とは

・原因としての善い行いをすれば,善い結果が得られ,悪い行いは悪い結果をもたらすとする。

因果応報は自業自得(自分の行為の報いを自分自身が受けること。)とも言われます。

因果応報だと、相手も周囲もやむをえないとなるため、相手に反省を促すだけでなく復讐の惨劇も起きません。相手に復讐して報復の嫌がらせをして、復讐が繰り返される日々は、生きた心地もしないはずです。

仕返しや復讐の嫌がらせをするよりも、因果応報で自業自得にしたほうがよいと思います。

因果応報(自業自得)の例

次は因果応報(自業自得)の例を下記リンクから読んでください。

▶ 本当にやった復讐【因果応報編】

どうでしたか?

因果応報の復讐を知ると「自業自得だからやむをえない」と、なったのではないでしょうか。

因果応報は本当にあるのか

「因果応報は本当にあるの?」と思った人は、下記にネットの意見があるので読んでください。

▶ 因果応報は本当にあるのでしょうか?

実際に因果応報を目の当たりにした人もいます。

因果応報は「人間万事塞翁が馬」ともいわれ、古くから知られていることでもあります。

仕返しや復讐は事実を伝えること

これまで因果応報についてみてきました。

早くも因果応報による仕返しの仕方や復讐方法がわかった人もいるのではないでしょうか。相手から受けた悪いこと(嫌だったこと)の事実だけを周囲の人に伝えることです。

親、先生、上司など、目上の人に受けた嫌がらせや悪い行いを伝えます。“悪いこと”とわかってもらえれば、止めるように叱ってくれます。

感情的になって“自分が正しい(かわいそうな人)”などの話をしてはいけません。話した相手に自己主張が強いなど、悪い印象を与えるため、受け入れられなくなる原因になります。

相手に伝えるときは、相手が客観的な判断をできるように事実を積み上げることです。まるで裁判のようですが、事実を積み上げるとは、そういうことです。

これが、因果応報による仕返しの仕方、復讐方法になります。

因果応報は原因と結果の法則

因果応報は、原因と結果の法則だと気づいた人もいると思います。知らない人は以下を読んでください。

▶ 幸せになる方法-つまらない人間からは“逃げるが勝ち”

世の中の仕組みは、突如として何か起きたり…理解できないことも多々ありますが、原理原則が存在しています。この原理原則が、原因と結果の法則といわれる原理原則です。

これを知ると因果応報は必然だとわかります。悪い行いを目撃した人が多ければ多いほど、悪い行いが周囲に伝わるので因果応報も起きやすくなります。

詳しくは、先ほど紹介した記事の原因と結果の法則を読んでください。

この世の仕組みをわかりやすく

先ほど紹介した記事でわからなかった人は、わかりやすく説明してある以下の専門書を読んでください。

たくさんの本を今まで読んできましたが、僕の中ではベスト1。そう言って良い素晴らしい本です。もちろん読むタイミングで本は表情を変えるから、人それぞれではあるでしょうが。難解になりそうなところを上手に例え話を入れ、絵を入れ、そしてユーモアたっぷりな会話調でテンポ良く進むので2〜3時間で読めると思います。でもその内容は100時間以上だと思いますよ。

▶ 楽天でよむ ▶ アマゾンでよむ

嫌がらせをしようと思っていた人は、専門書を読んで、自分に恐ろしい結末が訪れることに気付いたはずです。

これで、嫌がらせをする気がなくなったと思います。

まとめ

因果応報がわかると、善い行いをすれば、善い結果が得られることがわかります。反対に悪い行いをすれば、悪い結果が得られるので、悪いことをする気がなくなります。

仕返しや復讐でやってはいけないことが、嫌がらせなどの悪い行いでした。人に嫌なことをされたら、周囲に悪い行いである事実のみを伝えてください。

客観的に判断できるようにするのが、因果応報による仕返しの仕方、復讐方法でした。

これまで悪い行いをしているなら、それが因果応報によって悪い結果をもたらすことがあります。紹介した逃げるが勝ちが、よい結果をもたらすこともあるので注意してください。

なお、この記事は、仕返しや復讐をすすめているわけではありませんので、誤解のないようにお願いします。

因果応報は善い行いをすると善い結果をもたらします。紹介した専門書を読んで、善い行いを知ってください。その行いが、あなたに善い結果をもたすことになります。